ミノマイシン50 飲み方

ニキビ治療に効果のあるミノマイシンの飲み方などをまとめました。
MENU

ミノマイシン50は1日何回?使用上の注意や飲み方について

ミノマイシン50,飲み方

 

 

アメリカのファイザー社が開発したミノマイシン50。ミノサイクリン塩酸塩という「テトラサイクリン系」の抗生物質が主成分です。この成分は、細菌が増える時に必要なタンパク質の合成を阻止する働きがあり、それにより細菌が成長できなくなって、数が減り、ニキビが改善されるんですね。

 

 

ミノマイシン50には、「錠剤」「カプセル」「顆粒」と3つの形状がありますが、効果はどのタイプでも大きく変わりありません。今回は、ニキビ治療に効果のあるミノマイシン50の飲み方などをまとめました。

 

 

 

ミノマイシン50は1日何回飲めばいい?

 

ミノマイシン50,飲み方

 

 

ミノマイシン50とは、一錠50mgの薬を指します。成人の場合は基本的に、100mg〜200mgを1日1〜2回に分けて服用しますので、ミノマイシン50でしたら、朝晩2回、2錠ずつ飲むことになります。

 

 

小児の場合は2mg〜4mgを上限として、1日1〜2回に分けて服用しますが、錠剤では対応しきれないこともあり、顆粒タイプの薬になることが多いようです。

 

 

 

ミノマイシン50の使用上の注意や飲み方は?

 

ミノマイシン50,飲み方

 

 

ミノマイシン50服用の際の注意点として、喉などに薬がはりつき、潰瘍を起こす心配もあるので、薬を飲み込む際には水を多めに含むようにしなければなりません。ミノマイシン50に限っては、副作用としてめまいが引き起こされる場合もあるので、服用後の高所作業や自動車の運転などを行うのは危険が伴います。ですから、服用後はこうした作業を避ける、どうしても必要な場合は服用しない、など摂取に関しては自らがしっかりコントロールしなければいけません。

 

 

また、薬の併用による相互作用もある薬なので注意が必要です。カルシウム、マグネシウム、アルミニウムなどを含む食材との併用、また、ペニシリン系、セフェム系などの殺菌性抗生物質との併用も注意が必要です。

 

 

 

ミノマイシン50の使用上の注意や飲み方まとめ

 

ミノマイシンはニキビ治療に効果的な薬ですが、用法容量を守って正しく服用しましょう。また、「肝機能障害」「腎機能障害」「食道通過障害」「妊婦」に該当する場合は、初めに医師に相談したり、ネットで購入した場合は使用を注意してください。「テトラサイクリン系で過敏症経験がある」という方は服用禁止ですよ!

 

 

 

 

このページの先頭へ